【車いす】ガイド

種類

<自走用標準型車いす>

一般的に後輪の外側についてハンドリムと呼ばれる輪を押して進むタイプのものです。
坂を登るときなど本人の力では難しい場合もあるので、いすの背の後ろに介助者が押せるようにグリップがついている場合が多い。
本人が操作することを前提としているので、ブレーキなどは、後輪前方についています。

 

<介助用標準型車いす>

移動に必要な操作を介助者が行うことを前提とした車いすです。
製品によっては、後輪の径が小さく使用者の手が届かないものもあります。
介助者が使う前提で作られているため、ブレーキの位置は後輪の後方についているものが多くあります。
ハンドグリップに自転車のブレーキのような補助ブレーキをつけ坂を下るときの制動を容易にした製品もあります。

選び方のポイント・目安

使用者の状況
身体の状態 要介護度や座位保持(座った姿勢を保つ)能力など、それぞれの状態を確認しましょう。
各部位のサイズ 座幅、座奥行(シートの奥行き)、フットプレート(足のせ)からシートまでの高さ、背もたれの高さ、ひじ置きの高さなどを考慮して、使用者が座位姿勢を保持でき、長時間座っていても疲れない製品を選びましょう。
主に屋内で使用する場合 小回りが利くものがよいでしょう。
主に屋外で使用する場合 座り心地、乗り心地がよく、押しやすいものがよいでしょう。

移乗機能

使用者の移乗(乗り移り)方法も考慮しましょう。

  • 立って移乗する
  • 座ったままの状態で移乗する
  • 介助してもらいながら移乗する
  • 用具を使って移乗する

使用者が車いすへ移動するときや、車いすから他の所への乗り移りがスムーズにできる製品を選びましょう。

移動機能

身体能力に合わせて、自走用か介助用かを考慮し、前に進む、方向を変える、止まるなどの動作がスムーズにできるかを確認しましょう。

主な使用場所

屋内では部屋、廊下、収納場所を、屋外では段差、坂、階段など、お住いの地域の住環境と適合しているかを考慮しましょう。

座幅

季節による衣服の変化なども考慮し、座った状態でおしりの幅より5cmほどのゆとりがあるものがよいでしょう。

奥座行

座った時に「お尻の最後部~膝の後ろ部分の長さ」から5~7cmを引いた長さがめやすです。
座奥行が長すぎると、血行障害、皮膚の損傷の原因になりやすくなります。
座奥行が短いと、お尻にかかる圧力が大きくなります。
シートとおしりと太ももに添い、体重を分散させましょう。
その他、前座高、背もたれの高さ、ひじ置きの高さなど使用者本人が実際に座って、疲れない製品を選びましょう。

介護保険では既製品の車いすがレンタルされ、高齢者のそれぞれのサイズに合わせて車いすを製作することは極めて少ないのが現状です。
身体に合わない車いすを使い続けると、座り心地が良くないだけでなく、背中の曲がり、背や腰、首の痛み、床ずれの発生や内臓障害につながることもあります。
自立促進につながる車いすが、かえって身体や生活にさまざまな悪影響を及ぼす可能性があります。
使用者本人の状態、サイズ、使用環境を十分考慮して製品を選びましょう。

最終更新日時:2018年1月4日 10時00分

関連キーワード

情報発信元

福井県介護実習普及センター

〒910-8516 福井市光陽2丁目3番22号
TEL 0776-24-0086 FAX 0776-24-4187
E-mail kaigo@f-shakyo.or.jp