【入浴・排泄関連用具】ガイド

<入浴関連用具>

 

入浴関連用具は手すりに限らず、ちょっと難しいところがあります。
それは入浴行為の流れや方法に個人差があるということです。
簡単に言うと体の洗い方やお風呂の浸かり方、また季節に応じてシャワーだけですます人など様々なので、手すりの設置や用具の選定は、これらをふまえて行なわなければなりません。
そうでないと、ものすごく使いづらいことになります。

「手すり」は基本的に、移動する所に横、シャワーの所に縦、浴槽の所にL字の手すりを使いますが、浴槽にどちら向きに入るのかによってもL字の縦の位置が変わります。
またL字の代わりに横にくねった手すりを斜めに付けたり、シャワーの所には縦にくねった手すりを使うこともあります。

設置すれば安全性が増す「手すり」ですが、大きな問題がひとつあります。
それは「手すり」が取り付けられない場合があるということです。
壁がもろくなって取り付けられなかったり、賃貸で大家さんの許可が下りなかったりした場合です。
そういう時はどうすれば良いのでしょうか。

完全に代用という訳にはいきませんが、方法はあります。
まず浴槽の縁に直接取り付ける「浴槽手すり」の使用です。
これは工事が不要で、種類によっては取り付けたまま浴槽の蓋が利用できるものがあります。
これに「すべり止めマット」、「浴槽用すべり止めマット」、浴槽の縁にまたがせて座った姿勢で出入りする「バスボード」、座ったまま回転できる「回転板付バスボード」、座ったまま浴槽に浸かったり出たりできる「バスリフト」等、福祉用具を組み合わせて活用することです。

 

<排泄関連用具>

 

排泄は他の介護と比べても昼夜を問わず、しかも不定期にやってきます。
また、排泄物の後始末や使用した用具のメンテナンスといった身体の負担だけでなく、本来秘すべき行為であるため介護する人、される人双方に精神的な負担がかかってくるのです。
要介護者本人ができること、できないことを見極めて、できることは続け、できないことでも用具を使用したり、トレーニングを行なったりして、可能な限り自分で行なうことが重要となります。

その為には、ケアマネジャー、理学療法士、作業療法士といった専門家の目と判断が重要となりますが、これに加えて、要介護者本人ができることは自分で行なうという強い意欲も重要な要素となります。

・ポータブルトイレ

発売以来、様々な用途、機能が追加されているポータブルトイレですが、利用する人の身体機能が低下し、備え付けのトイレまで行くことができず、利用者の近くに設置して使用する介護用途での使用と、災害などによりトイレが使用できない状態で利用する防災用途では、ポータブルトイレを選ぶ際のポイントやニーズは異なります。

・おむつ

 

最終更新日時:2018年1月4日 10時00分

関連キーワード

情報発信元

福井県介護実習普及センター

〒910-8516 福井市光陽2丁目3番22号
TEL 0776-24-0086 FAX 0776-24-4187
E-mail kaigo@f-shakyo.or.jp