立ち上がり動作と手すり

立ち上がりの基本動作

立ち上がりの基本は、座位から立位の位置に重心をスムーズに移動させることにあります。そのためには、足を後方に引く動作や身体を前方に倒す動作が容易にできることが必要です。

立ち上がり動作の基本図

トイレの手すりの位置

トイレと手すりの位置

L型手すり・・・トイレや浴槽内からの立ち上がりなどで用います

  • 縦と横を組み合わせた用途になります
  • 設置位置を決めるポイントは、体から縦手すりまでの距離と、横手すりの高さです
  • トイレなどでは、縦手すりの位置は立ち上がり時の重心移動に適した体の前方に、横手すりの高さは座位保持が可能な高さにします
  • 太さは直径29~32㎜のものが多く使われます

トイレからの立ち上がりには、前方のゆとりが50cmは必要
トイレ立ち上がりゆとり図1

立ち上がりスペースが少ない場合には、高めの手すりが必要になる
立ち上がりスペースが少ない場合

関連キーワード

情報発信元

福井県介護実習普及センター

〒910-8516 福井市光陽2丁目3番22号
TEL 0776-24-0086 FAX 0776-24-4187
E-mail kaigo@f-shakyo.or.jp