姿勢といす

日常生活の中で座ることの目的としては、視野が広がりいろいろな刺激が増えることによる痴呆の予防、心肺機能の強化や起立性低血圧の予防、バランス感覚の獲得、体位を変えることによる関節拘縮の予防、筋力低下の予防などがあります。これらは利用者の意欲の向上につながります。

いすのサイズと形

一般的に次のようなことを基準にサイズと形を選びます。

座面の幅 上半身が自由に動かせる幅が適しています
座面の奥行き 膝裏を圧迫しない、膝の動きを制限しない長さにします
座面の高さ 深く腰掛けて裸足でかかとがつく高さです
座面の傾き 座位の安定に影響します
体幹のバランスの悪いときには傾きを強めにします。但し、立ち上がりにくくなります
肘掛の高さ 身体の安定を補助するときは、肘を曲げて肘頭がつく高さです
肘掛の長さ 立ち上がり補助で使うときは、長めに握れる幅、机に入る長さにします
背もたれの高さ 高すぎる背もたれは、身体の動きを制限します
一般的には、座面後端から肩甲骨の下端までです

 いすのサイズと形

関連キーワード

情報発信元

福井県介護実習普及センター

〒910-8516 福井市光陽2丁目3番22号
TEL 0776-24-0086 FAX 0776-24-4187
E-mail kaigo@f-shakyo.or.jp