体幹が左右に傾いた座り方

骨盤の高さ

前方から手を左右の骨盤に当ててみると高さが異なります。

 体幹が左右に傾いた座り方の図

  • 体幹のバランスが悪い、立ち直り反応が乏しいときに起こる
  • 体幹の麻痺によって左右で筋肉の緊張が異なるとき座面が帆布で真中に座っていないとき、脊椎に側わんがあるとき起こります
  • 頭をまっすぐに保とうとする為に脊柱が変形します

対策

  1. 座面が硬めのいす、クッション
  2. 座面の角度を大きくする
  3. 肘掛を高く、タオルなどを巻いて太くする
  4. 腰の両脇にパットやクッションをあて支持する

座面が柔らかいと骨盤が傾いて沈む 硬めのクッションを用いて骨盤をしっかり支える

関連キーワード

情報発信元

福井県介護実習普及センター

〒910-8516 福井市光陽2丁目3番22号
TEL 0776-24-0086 FAX 0776-24-4187
E-mail kaigo@f-shakyo.or.jp