異常な座り方

仙骨座り

仙骨座り

骨盤が後ろへ傾き、臀部が前方へずれた姿勢です。
(ずり下がった座り方で、骨盤が後方に傾き、脊柱が曲がり、やや上目遣いの姿勢)

  • 長時間この姿勢でいると、褥瘡の発生にむすびつきます
  • 身長の低い人を座の奥行きの長過ぎる車いすに座らせると、この状態になります

背面の高すぎるいす

[チェックポイント]

  1. 座面の高さは合ってますか
  2. 背もたれの角度はいかがですか
  3. 座面の角度が水平で、お尻が前方に滑っていませんか
  4. 股関節は十分に曲げられますか

円背

円座

背が丸まった姿勢です
(脊柱が曲がり、一般的な座面では深く腰掛けると、背もたれがあたって痛む)

  • 長時間この姿勢でいると、褥瘡の発生にむすびつきます
  • 身長の低い人を座の奥行きの長過ぎる車いすに座らせると、この状態になります

[チェックポイント]

  1.  背中を伸ばすことが出来ますか

[対策]

  1. 背中が伸ばせるとき
    • 背もたれが脊柱のカーブにあったいすを選ぶ
    • 腰部のサポートが強いいすを選ぶ
    • 座面角度のついたいすを選ぶ
    • くさび型のクッションを大腿部の下に敷く
    • 腰部にクッションをいれ、サポートを強くする
  2. 変形しているとき
    • 背もたれ角度を寝かせる
    • 肩周辺の背もたれに沿わない部分にクッションを入れて、背部全面を支持する
    • 頸部後ろにクッションをあて、頸部を支持する
    • くさび型のクッションを大腿部の下に敷く
    • 座面高さを下げ、立ちあがれる程度に、座面角度を強める

 

関連キーワード

情報発信元

福井県介護実習普及センター

〒910-8516 福井市光陽2丁目3番22号
TEL 0776-24-0086 FAX 0776-24-4187
E-mail kaigo@f-shakyo.or.jp