福祉用具分野からみた住宅改修のポイント

わたしたちの願いは、誰もがいつまでも健康で快適な過ごし方ができることです。そのため、福祉用具は、使う人の身になって選ばれた、安心で使いやすい商品でなければいけません。介護サービスの中には、福祉用具レンタル(貸与)サービスと福祉用具購入サービスがあります。活き活きとした幸せな暮らしの為にこのようなサービスをご利用下さい。

玄関

玄関はどの様な態勢でクツの着脱をするかと、どのように玄関框の段差を超えるかがポイントになってきます。 
想定される身体状況・移動方法・動作ごとに流れを抽出しました。
現在の状況にあてはめて、動作ごとに現在の問題点と照らし合わせながら、福祉用具や改修箇所の検討の目安に活用してください。

注意

  • 介助者の有無を確認し介助やスペースを確保する
  • スロープを設置の際は介助者の有無、介助者の身体状況を確認した上で設置する傾斜角度を決めていく
  • 選択方法の目安ですので身体やスペースなどを考慮し、使用可能かを確かめた上で導入を
    (複合的に検討)

浴槽

浴槽は小スペースの中で多くの動作が必要とされます。1つ1つの動作のの際の安全確認がポイントです。 
想定される身体状況・移動方法・動作ごとに流れを抽出しました。
現在の状況にあてはめて、動作ごとに現在の問題点と照らし合わせながら、福祉用具や改修箇所の検討の目安に活用してください。

 

トイレ

トイレは便器への移乗・立ち座りが大きなポイントになります。スペース考慮や移動方法によって変わってきます。 
想定される身体状況・移動方法・動作ごとに流れを抽出しました。
現在の状況にあてはめて、動作ごとに現在の問題点と照らし合わせながら、福祉用具や改修箇所の検討の目安に活用してください。

注意

  • トイレに移動できない時や夜間のトイレ移動が危険な時はポータブルトイレ(購入対象)を使用
  • 介助者がいる場合や車イスから移乗の場合はスペースの確保が必要
  • 選択方法の目安ですので身体やスペースなどを考慮し、使用可能かを確かめた上で導入を
    (複合的に検討)

 

関連キーワード

情報発信元

福井県介護実習普及センター

〒910-8516 福井市光陽2丁目3番22号
TEL 0776-24-0086 FAX 0776-24-4187
E-mail kaigo@f-shakyo.or.jp