バリアフリーって何?

第1回目は『バリヤフリー』の意味について紹介します。

最近「バリアフリー」という言葉をよく耳にするけど、何のことだろう?

『バリヤフリー』とは、最近よく耳にすると思いますが実際にはあまり意味が理解されていない状態です。このホームページを御覧の人も多数の人が良く知らない言葉だと思います。多少知っている人でもただ単に段差をなくすとか、機械を設置して使い易くすると言うような意味に捉えられていますが、『バリヤフリー』とはハンディキャップのある人もない人も皆支障なく生活できる状況を示します。つまり全ての人が自由に活動出来る社会環境です。

昔はハンディキャップのある人を周囲の社会は隠してきており、社会との接点があまりかったと言えます。その為に、ハンディキャップのある人には今の環境は活動し辛い状況にあるといえます。

現在、現実にはハンディキャップのある人が使用できない場所や施設が多数存在しており早急な解決が望まれています。例えば歩道の段差や駅の階段等があり、これらは段差を埋めたり機械によって補助したりする必要が生じています。しかし、周囲の人がちょっと手を貸すだけ(全ての人が介護者となること)でこれらは根本的な解決を見なくても必要最小限の『バリヤフリー』になったと言えます。

また、上記とは逆にせっかく『バリヤフリー』を考慮した施設や場所になっていてもそれを使用する人が物を通路上に置いたり、又は歩道などに放置された自転車、道路に不法に駐車された駐車違反車両等もハンディキャップの有無に関わらず全ての人の『バリヤ』(邪魔物)となってしまいます。これらは単に『バリヤフリー』に対してだけではなく火災等の災害時にも『バリヤ』(邪魔物)となってしまいます。

こうしてみると、障害となる『バリヤ』とは人の「これ位なら・・・」や「この程度で良いだろう」と言う心から来る人災的な問題だと言えるのではないかと思います。設備ではなく人の心の持ち方である程度の事が解決されるとおもいます。しかし、一方で周囲の人が手を貸す事が不必要な状況もあり手を貸す前に一言訊ねる必要があります。ただ、手を貸せば良いという訳ではないという事です。相手の状況に応じた手助けが必要と言う事です。そして、その心の持ち方で解決できない部分を設備が受け持ちます。これにより、完璧とは言えないまでもかなり活動しやすい環境が出来上がると思います。

では、具体的にはどの様に改造していくのか?住宅のどの部分をどう改造するかを次回にします。場所は、道路からアプローチ、玄関周りについてです。

関連キーワード

情報発信元

福井県介護実習普及センター

〒910-8516 福井市光陽2丁目3番22号
TEL 0776-24-0086 FAX 0776-24-4187
E-mail kaigo@f-shakyo.or.jp