アプローチ・玄関廻り

今回はアプロ-チ及び玄関廻りについて実際の改造及び新築時の留意点について紹介します。

 段差解消機(露出型)

日本の住宅では、道路から玄関ポーチそして玄関内部で玄関床からホ-ル床と段差が必ず設けられており、まずここが第一の関門となり最大の難関となります。
なぜかというと、一般的に日本の住宅は湿気対策などを含め床高さが地面より最低限 450mmは高く造られています。法律で原則として定められているからですがこの段差が、ハンディキャップのある人にとって問題となります。脚力の弱い人、歩行が困難な人、車椅子等段差に影響されます。これらを解決しない限り、自力で家にははいれないことになります。

スロープ

アプロ-チ廻りでは玄関ポーチで必ず段差が設けられていますが、これを解消する為には、スロ-プや段差解消機が必要になります。スロ-プは、出来れば勾配を1/12以下(1m上がるのに12m以上必要)が望ましいのですが、住宅事情を考えるとスペ-ス的に難しい場合があり、その時は段差解消機を設置する必要があります。他には簡易スロープを使用する事も考えられますがかなり急なスロープとなり、自力での利用は無理となる為あまり勧められません。スロ-プは、後から設置する事はスペ-スの問題で無理が出てくる事が多いので、出来れば新築時には設置するかしないかを問わず設置場所を考慮した間取りを検討して、設置しても使用しにくい等の問題が無いように、よく家族間や設計士・理学療法士等と相談の上決定する事が大切です。スロ-プが設置できない場合は段差解消機を設けますが、埋め込み式と露出型の2種類有り埋め込み式は地面から操作盤等の突出が少なく邪魔になりませんが、昇降板の下に異物が入りやすいのが欠点ともいえます。露出型はこの逆です。ただどちらのタイプも外部での使用は雨などの影響があることを考えて設置場所を決定する必要があります。

昇降機

次に玄関廻りでは、まず玄関入り口の開口部が問題となります。雨水の浸入を防ぐ為約5cm程度の段差があることが多いのですが、新築時には外部側に排水路の設けてある引き戸やドアが販売されており、それらの商品を使用する事により段差を無くす事が出来ます。既存の改築では、桟木等を使用する事により歩行時のつまずきを無くし車椅子の出入りを可能にします。次の問題は玄関床と玄関ホール床との段差ですが、これは高さも 300mm程度と高くスペースも無い場所なので車椅子使用では段差解消機を、また自立歩行可能な方には段差を上がる為に掴まる手摺りを設置します。ここでも簡易スロープが考えられますがアプローチ同様の理由で対象からははずします。ここでの段差解消機は、埋め込み式の方が玄関利用時に邪魔にならず良いと思われます。手摺りは、出来るだけ使い易い場所で縦型と横型を併用し、玄関入り口から式台までは横型を設置し、式台部分では縦型を設置して掴まって上がるのを容易にする事が必要です。後玄関床と玄関ホールにかけて長椅子(ベンチ)等を設け、その上に腰掛けて横移動してホールに上がるのを補助する方法もあります。

  長所 短所



  1. 勾配を緩く設定すれば、他人の手を借りなくても自力で移動できる。(勾配さえ考えれば腕力の弱い人や小さい子供でも利用できる)
  2. 一度にあまり待たずに大人数が連続して利用できる。
  3. 簡易スロープなら多少の段差ならどこでも上がることが出来る。(ただし、かなり急な勾配になる場合があるので介助者が必要になる場合がある)
  4. 機械式と違い動力を使用しないので何時でも利用できる(EXP・・停電時には機械式は使用できない)
  1. 自力で利用するスロープはかなり広いスペースが必要になる。<理想は勾配で1/12以下(1m上がるのに12m以上必要)>
  2. 移動距離が長くなり昇降が不便とも言える。(特に降りる場合スペードが出て危険が生じる)
  3. 床の仕上げ材により雨天時に滑りやすい。








  1. 床上に邪魔な操作盤などが無い為場所を取らずに利用できる。
  2. 床と同一面で設置できるので利用しない場合でも邪魔にならない。
  3. 床と同一面で設置できるので機械への乗り降りが楽に出来る。
  1. 埋め込む必要があり工事が大掛かりに成りやすい。
  2. 露出型と違い床上に突出部が無くガードを設置しにくく別に設ける必要が出てくる。
  3. 機械によっては昇降版下に異物が入りやすく注意が必要。
  4. 埋め込む為にメンテナンスが複雑になりやすい。


  1. 据え置き型なので大掛かりな工事なしに設置できる。
  2. 機械本体と車椅子等の旋回スペースがあれば何処にでも設置可能といえます。
  3. 埋め込み型と違い操作盤等にガードを設けられるので転落等の危険が少なくなる。
  1. 床上に突出部分があり邪魔になる為空間の利用が制限される。
  2. 床上に据え置く為床との段差が多少有る。
  3. 埋め込み型と違い操作盤等が有り設置スペースが広く必要となる。

  1. 機械が段差を解消してくれるので昇降が楽である。(腕力の弱い人や小さい子供でも楽に昇降できる)
  2. 設置スペースがスロープに比べて小さくてすむ。(新築時は別にして改造時には有効です)
  1. 機械である為に動力が必要となり停電時などアクシデントに弱い。
  2. 垂直に昇降するので転落等の危険も生じる。
  3. 小さすぎる子供には単独での使用には危険が伴う。(機械に挟まれたりとか第三者の人の危険も生じる)
  4. 昇降版の支持の仕方により揺れる事がある。

 以上、今回はアプローチ・玄関編でしたが次回は各居室と廊下廻りについてです。

関連キーワード

情報発信元

福井県介護実習普及センター

〒910-8516 福井市光陽2丁目3番22号
TEL 0776-24-0086 FAX 0776-24-4187
E-mail kaigo@f-shakyo.or.jp