廊下と部屋の関係

今回は廊下及び各部屋との関係について取り上げます。

廊下及び各部屋との関係の場合もアプロ-チ及び玄関廻り同様対象となる人の状態により対策に差があるので、実際に新築・増改築を行う場合設計者・施工者・理学療法士と本人・家族とで綿密な打合わせが必要です。ここでは、一般的な方法のみ掲載します。

玄関ホ-ルに上がってしまうと、廊下は一応平坦でなにも支障無く見えますが、あまり広すぎる廊下も身体を支えられず人により障害となる場合があります。この場合手摺が必要になり、この手摺も体重を支えるには下地をしっかりさせる事が大事になってきます。また体型により手摺取り付け高さが違い、新築時にはある程度高さ調整が出来るように考える必要があります。方法としては、床上1.0mまでを構造用合板(出来ればF1タイプ)にしておくと後でストレッチャ-ガ-ドや手摺の取付も容易になり、ストレッチャ-・車椅子が当たっても壊れにくくなりますので左図を参考にして下さい。

次に、洋室に入る場合は出入り口の下框が傷害となりますが新築時には下框を無くしておくことです。既設建物の場合には桟木を取り付けて解消する方法(下図参照)がありますが、歩行がしにくい人には色を変えて目立たせる事により解消する事もあります。
設計においては、段差はある程度高さがあるか平坦な方が良いとされており半端な高さはかえって躓きの元になる為造らない事が大切です。

和室に関しては、廊下面より5.0cm程度高い場合が多くこの高さは上記の躓きやすい高さといえます。この部分をどう改良するかですが、方法としてここでは2通り掲載します。

  1. 廊下床面を嵩上げして和室と同じ高さにする
  2. 和室の床をめくり床高さを下げる

以上の2通りですが、実際にはどちらか工事費のかからない方法を選択する事になります。
しかし、既設の床に下地をしてその上に床仕上げをするだけに対し、和室床高さを下げる場合は壁や障子・襖等の開口部まで工事範囲となり、和室床高さを下げるより廊下面を上げる方が工事は楽ではないかと思います。また工事費も安く押さえることが出来ると思います。

後、開口部は和室については引き違い戸が多くあまり問題とはならないのですが、洋室は開き戸が多く改良する必要が出てきます。開き戸は下図の様な使用にするとかなり改良できます。尚、車椅子での出入りには椅子幅が65.0cm程度、手の作動範囲も考慮して80.0cm以上出来れば90.0cm以上の開口幅が必要です。この点でも一般的には引き違い戸がベストだといえます。
 最後に木造住宅の場合構造的に抜けない柱や壁が多く有り、事前の調査打ち合わせが大事になりますから、十分に行って下さい。

以上で廊下・各部屋廻り編を終わります。次回は水廻り(台所・洗面所編)です。

関連キーワード

情報発信元

福井県介護実習普及センター

〒910-8516 福井市光陽2丁目3番22号
TEL 0776-24-0086 FAX 0776-24-4187
E-mail kaigo@f-shakyo.or.jp