浴槽内での姿勢の安定

浴槽の縁

  • 浴槽の縁の幅は狭いほうが握りやすく、姿勢が安定します

浴槽の大きさとの関係

  • 浴槽が大きすぎると足先が届かないため、身体が滑りやすく姿勢が不安定になります

手すり

  • 姿勢が安定している場合でも、安全確保の面からなるべく手すりは付けたほうがよいでしょう
  • 手すりの位置は、浴槽内に座ったまま手が届く場所とします

 手すり

浴槽台の利用

  • 浴槽を交換できない場合は、浴槽台などを倒してつい立てにする方法があります(図1)
  • 座高に対して浴槽が深すぎる場合は、浴槽台を中に入れて腰掛ける方法もあります(図2)
  • 浴槽内で立ち上がりにくいときにも、浴槽台を使用する方法があります。ただし、その場合は肩が湯に浸からないという欠点もあります

浴槽台の利用

座位の出入り動作に適した浴槽埋込み高さ
座位の出入り動作に適した浴槽埋込み高さ

またぎごしに適した浴槽埋込み高さ
またぎごしに適した浴槽埋込み高さ

関連キーワード

情報発信元

福井県介護実習普及センター

〒910-8516 福井市光陽2丁目3番22号
TEL 0776-24-0086 FAX 0776-24-4187
E-mail kaigo@f-shakyo.or.jp