視覚

50年後のあなたの目は・・・・

医学的な所見

福井県医師会 臼井淳先生(福井県眼科医会長)

老化による眼の変化

機能的な変化
視力の変化   老視の出現、遠視傾向になる
色覚の変化   青色~黄色の判別が低下する
視野の変化   視野が小さく狭くなる

形態的な変化
眼瞼の変化 乾いてゆるんだカサカサした皮膚になる。皺が増加する。色素斑(老人のしみ)が増加する。眼瞼が下がる。涙が多くなる
角膜の変化 角膜の周辺が灰白色に濁るが、治療の必要なし。(角膜老人環)
瞳孔の変化 瞳孔が小さくなる
水晶体の変化 水晶体が混濁し、白内障となる
硝子体の変化 硝子体の構造がくずれ飛蚊症の原因になる
眼底の変化 血管が硬化し、高血圧、糖尿病等の全身疾患の影響が現れ易くなり放置すれば視力障害の原因になる

老人に起こりやすい疾患

内反症、外反症

「まぶた」を閉じる筋肉が、加齢とともに萎縮し張力が低下する。このことは、流涙の原因になる。また、「まぶた」の辺緑が内反したり、外反が起こる。内反すれば、睫毛が角膜に触れ易くなり角膜障害を起こし易くなる。外反すれば流涙がさらに増強する。治療には手術が必要。

老人性眼瞼下垂

「まぶた」を引き上げる筋肉の張力が、低下し「まぶた」が下がる。また、「まぶた」の皮膚も弛緩するために、下垂が強くなる。手術療法が必要。

緑内障

加齢とともに緑内障の頻度は著しく増加する。緑内障は「眼圧」の上昇により視神経が障害され視野がかける疾患であるが、老人では若年者より視神経が眼圧に耐える能力が低下し、若年者で無害な眼圧でも、高齢者では有害な眼圧になることが多い。又、白内障の進行により緑内障が発症したり増悪ことがある。視神経が障害されると回復出来ない為、失明につながる疾患である。

緑内障の自覚症状は、急激な眼痛、頭痛、嘔吐等をおこすタイプのものもあるが、殆どの緑内障は自覚症状に乏しく、自覚症状よりの発見は困難である。中、高年者は緑内障の定期的な検査が必要である。

緑内障の病型・病期により治療法はさまざまである。基本的には薬物療法、次いで手術療法が行われる。最近、有効な点眼薬が相次いで発売されたことは喜ばしいことであるが、時には手術が必要が必要となる。現在、手術も非常にデリケートな手術が行われるようになり効果が上がっている。

しかし、視神経を回復させることは困難で、治療の目的は「如何に現状を維持するか」という事である。

白内障

白内障は水晶体が混濁する疾患である。水晶体が濁る原因のほとんどが老化によるものである。症状としては視力障害であるが、初期は光が眩しく感じられ、霧がかかったようになる。

治療は、初期には点眼薬を使用するが、点眼薬を使用するが、点眼薬のみでは混濁した水晶体を透明にはできず手術療法が主となる。日常生活に不都合が生じるようになれば手術を受ければよい。

白内障手術は最近驚くべき速さで進歩し、単に「見える」ようになることから「如何によく見えるか」が研究の目的になっている。手術は濁った水晶体を摘出し、その部位に眼ハ内レンズを移植する。これまでは角膜の周囲、約半周切開し水晶体を摘出していたが、現在は、約3㎜程切開し超音波で水晶体を摘出するため、手術後の安静も非常に軽度になっている。

網膜剥離

網膜が眼球壁から剥がれる疾患であるが、眼科疾患では緊急な治療を要する重要な疾患である。放置すれば失明する疾患である。老人では老化による硝子体の変化に起因するものが多い。

症状は飛蚊症の増加、視野欠損である。このような症状を自覚した時には、直ちに眼科医の精密な眼底検査が必要であり、網膜剥離と診断されれば、速い治療を要する。発見が速く、治療が行われば、ほぼ完全に回復するが発見・治療が遅れれば視力の予後は悪くなる。

糖尿病網膜症

平成9年度の厚生省の糖尿病実態調査では、糖尿疾患者数は690万人で、「糖尿病予備軍」を含めると1,370万人に達するといわれ、約半数が高齢者だある。

糖尿病網膜症は、糖尿病の合併症の一つである。血糖コントロールが不良であればあるほど、又、糖尿病罹患期間が長くなればなるほど糖尿病網膜症が発症、進展しやすくなる。また、厳格な血糖コントロールを行えば、糖尿病網膜症を有する割合は、高齢者で高くなる。このことは、高齢者では糖尿病に罹りやすいこと、血糖コントロールが必ずしも容易でないこと、加齢による眼の変化が原因となる。

糖尿病網膜症の程度は単純網膜症と増殖網膜症に分けられる。視機能障害の大きい増殖網膜症は、中年者に多く、高齢者で少なくなる傾向がある。

糖尿病網膜症の治療は、内科医と眼科医の綿密な連携が重要である。内科医による血糖コントロールと眼科医による眼底検査・網膜症の治療が基本となる。単純型の場合は、定期的な眼底検査が必要で、血糖コントロールが良好ならば6ヶ月毎、コントロール不良ならば観察期間を短くする。この時期、眼科的な治療は必要でない。単純型から増殖型に移行するときに光凝固を行うが、この時期は単なる眼底検査では診断できず、蛍光眼底撮影が必要である。増殖型に進展し硝子体出血・網膜剥離等を併発すれば、硝子体手術がおこなわれる。硝子体手術の成績は飛躍的に向上し、糖尿病網膜症による失明予防に大いに貢献している。若年者と高齢者の硝子体手術の成功率に差はないが、手術後の視力では、高齢者では劣る。

今のところ、糖尿病網膜症に有効な薬剤は存在しないが、眼科医は光凝固治療と硝子体手術の二つの有効な治療法を得ている。しかし、糖尿病の治療は早期発見と充分なる血糖コントロールにつきると思われる。

加齢性黄斑変性症

加齢性黄斑変性症は、加齢により眼底の中心部に変化が生じ、新生血管の発生、出血、増殖性変化、剥離、瘢痕が形成され、高度の永続する視力低下を生じる疾患である。現在、人口10万人対11.5人程度の受療患者である。人口10万人対50歳代では7.6人、60歳代では33.2人、70歳代では76.1 人、80歳代では87.2人と推計されている。今度増加すると思われる疾患である。

症状としては、中心が見えにくい(中心暗点)、歪んで見える(変視症)、徐々に進行する視力低下が認められる。

診断は蛍光眼底撮影等による新生血管の発見が必須で、治療はその新生血管を光凝固する。現在、治療目的が主として改善よりは進行を防ぐ目的で行われる為、患者の理解を充分に得ることが大切である。

網膜静脈閉寒症

眼底に出血を来す疾患で、高齢者に多く発症する。眼底全体に出血が及ぶ網膜中心静脈閉寒症がある。

網膜中心静脈閉寒症

眼底の静脈は視神経の中を走行し眼底にあらわれる。本症は静脈が視神経にある部位で閉寒し眼底全体に出血・浮腫が長引くと網膜の構造が壊れ視力の低下は著しく回復は困難となる。又、悪性な緑内障は眼圧のコントロールが難しく、時に失明に至ることがある。

一般に50歳以上に多く、高齢者では動脈硬化、高血圧、糖尿病、心血管の疾患、血液疾患等の全身疾患をもつものが7~8割に達する。

治療は、全身疾患の治療が必要である。眼科的には、光凝固による治療が重要である。光凝固は網膜の出血・浮腫の吸収に有効であり、悪性な緑内障の防止に役立つ。薬剤による治療法が行われるが確実な効果は得にくい。

網膜分枝静脈閉寒症

眼底の動脈と静脈は対になって走行し、眼底の隅々まで延びている。その動・静脈の枝が互いに交差するが、その交差部で閉寒され出血が起こる。出血部の網膜は著しく障害される。障害された部分には、新たな血管が生じ易くなり、これが破れ眼球内に大出血を起こすことがある。又、障害された網膜は裂孔が生じ網膜剥離の原因にもなる。

原因・発症年齢・治療法は網膜中心静脈閉寒症と同じである。

出血が眼底の中心部に起これば自覚しやすいが、中心より他の部分で起これば自覚することは困難なことが多い。自覚する場合は、突然な視力低下、突然な視野の欠損がおこった時であり、硝子体出血や網膜剥離が発症したときが多い。
 
高齢者に起こりやすい眼の疾患は、老化、生活習慣病に起因するものである。その為、自覚する機会は少なく、治療が遅れることが多い。これを防ぐには定期的に、眼の検査を受けることが非常に重要なことである。

高齢者に起こりやすい眼の疾患は、老化、生活習慣病に起因するものである。その為、自覚する機会は少なく、治療が遅れることが多い。これを防ぐには定期的に、眼の検査を受けることが非常に重要なことである。

シュミレーション

情報発信元

福井県介護実習普及センター

〒910-8516 福井市光陽2丁目3番22号
TEL 0776-24-0086 FAX 0776-24-4187
E-mail kaigo@f-shakyo.or.jp