手作り福祉用具 平成12年度結果発表

高齢者社会の到来で、寝たきり老人など何らかの障害を持ち日常生活を楽しむ人々が近年増えてきました。

福井県介護実習・普及センターでは、昨年に引き続き、今年も介護知識、介護技術の普及啓発事業の推進を図る一貫として高齢者や障害者の生活を便利で、快適で豊かにする生活用品のアイディア作品を募集しました。みなさんのアイディア、どうぞご覧下さい!

最優秀賞

お助け お食事エプロン

制作者名  野村 真弓
コメント エプロンのずれを防止する為に、滑り止めネットを縫い付けました。大小のポケットをつけたことで、食事介助の際に必要なティッシュ・薬を収納できます。特に肩甲骨部にある深いポケットには、ペンなど危険性のある物を収納するのに大変便利です。
食事のテーブルをスッキリとし、食事介助をスムーズにするものです。

 

優秀賞

接合テープとテープを利用した脱着しやすい衣類

制作者名 山﨑 道子
コメント 衣類の改造・制作を簡単にする為にアイロンで使用装着できる結合テープを発明しました。
テープは両面テープに布テープを貼りおしゃれ度をアップしました。

靴下はき補助具[靴下すべり]2種
重症患者介護用「ソックスハッカス」
軽度患者及び高齢者自助具「ソックスハックス」

制作者名 山下 博
コメント 「ソックスハッカス」樹脂板に足が滑りやすいように製本テープを中央に貼りました。
「ソックスハックス」靴下を樹脂板にはかせやすいように樹脂板を仮止めする為マジックテープをつけました。これで樹脂板を筒上に形成することで片手で操作することが可能となりました。

 

ユニーク賞

足でポン

制作者名 加藤 武雄
コメント パソコン操作でシフトキーを操作する際、シフトキーを押さえておくものです。片足で操作できます。

車椅子用ひざ掛け

制作者名 知的障害者厚生施設 希望園
介護支援委員会代表
栗下 玲子
コメント 廃車のシートベルトを活かし、身体を保持します。装着しやすいようにボタンを使用しました。
ひざ掛けはバスタオルを使用することで洗濯は簡単でスナックでの取り付けにしたので、冬期には毛布など素材を変えることができます。

情報発信元

福井県介護実習普及センター

〒910-8516 福井市光陽2丁目3番22号
TEL 0776-24-0086 FAX 0776-24-4187
E-mail kaigo@f-shakyo.or.jp